タンパク質の塩分を控えた高齢者向けの野菜料理

ツナ缶は塩分が少なくて油がたっぷり入っているので塩分が少なくても美味しく食べられます。

このようにツナを使った料理は多く見かけられます。

それ以外にカロリーが取れるものとしてはアボカドがあります。

アボカドを使ったサラダを作るとリッチな甘みがあって塩分が少なくて済みます。

タンパク質と塩分を控えた野菜料理

これからはタンパク質と塩分控えて野菜料理を紹介します。

まず和風サラダや煮物などが塩分とタンパク質は少なめです。

和風サラダは大根や人参を使って減塩醤油で味を付けます。

油を適度に入れることでパリッとした味になります。

野菜のうま煮は塩分を控えてたくさんの野菜を旨味で美味しく煮込む料理繊維がたくさん取れます。

肉を入れていないのでタンパク質は少なめ減塩醤油を使えばナトリウムが減らせます。

それ以外に浅漬けという方法もあります。

浅漬けは減塩の塩を使って作りきゅうりやダイコンやニンジンなどを小さく切って漬物にしておきます。

漬物と言うと塩分が濃い印象ですが、この方法で作れば大丈夫です。

 

たんぱく質と塩分を控えた大豆料理

大豆は総じてたんぱく質が多い食品ですが、代表スクラムに使えばタンパク質を減らすことが出来ます。

例えばさつまいものチーズ焼きはおやつにも食べられる料理ポテトコロッケは少しだけ芋を使っている料理です。

厚揚げ野菜あんかけにすることで少ない厚揚げで多くの野菜を食べられます。

白井ではあまり豆腐を使いません。

豆腐を素揚げにすると少ないタンパク質で油が取れます。

たんぱく質と塩分を控えた牛乳料理

牛乳料理をタンパク質を減らして食べる方法は難しそうですが、牛乳入り味噌汁を始めとしてシーフードリゾットやチキングラタンなど加工食品の一部として使うことでトータルの牛乳量減らすことができてタンパク質が控えられます。

ヨーグルトを使ったフルーツのヨーグルト和えというのもいいですね。

これは年齢にも関係なく食べることができますし、食欲不振になっている場合でも食べやすい料理です。

牛乳入り味噌汁というのは初めて聞いた方もいるかもしれませんが、パンを食べるときに一緒に食べると美味しい献立です。

カルシウムがたくさん取ることができておすすめの逸品です。

シーフードリゾットは牛乳を150cc使えますが、他にはタンパク質を含まれていないのでタンパク質が少なめの料理です。

米は1/2カップ使って玉ねぎやホタテを使います。

マーガリンをたっぷり使えばカロリーも取れます。

急ぎとしていないので食べやすいと思います。

柔らかいので食欲不振の時にも食べられます。

卵を使ったタンパク質と塩分が少ない料理

卵を使ってもたんぱく質を減らすことができます。

ゆで卵のように卵を丸ごと食べるのではなく野菜や肉などと一緒に合わせて作ることでタンパク質が少なくなります。

巣ごもり卵巣ごもり卵というのはじゃがいもを使うのでタンパク量が減っています。

フライにするので油を取るでカロリーがアップします。

卵入りのチャーハンというのも卵の量はあまり多くないのに大量に食べられます。

ピーマン屋ご飯油などを使ってフライパンで素早く炒めます。

揚げ卵の野菜あんかけというのは薄味でも口当たりが良くて栄養が取れる食事です。

卵揚げ揚げるという料理は初めてかもしれませんが、卵を上げて野菜のあんかけをかけます。

腎臓病になった場合の食事のよくある質問と答え

慢性腎臓病になるとなぜ十分なカロリーが必要なのでしょうか。

腎臓の機能が落ちている時は腎臓の負担をかけないためにたんぱく質を減らすことが必要になります。

そうするとタンパク質が少なくなるので全体的にカロリーが抑えがちになります。

そうなると息してしまったエネルギーをどこから生み出すかと言うと体の中のタンパク質を分解することでカロリーを作るようになります。

そうするとタンパク質が分解されるときに尿素窒素などのタンパク質をたくさん食べた時と同じような状態になってしまうのでカロリーをしっかりとって体の中のタンパク質を燃やさないという努力が必要になります。

詳しく知りたい方はこちらのサイトをチェックすべきでしょう

高齢者宅配弁当

慢性腎不全の場合

砂糖の摂り過ぎは糖尿病にならないのか慢性腎臓病の場合エネルギーを補うために砂糖などをたくさん取るようにと医者に指導されます。

しかし糖尿病になる心配はないのでしょうか。

まず糖尿病の原因は砂糖の摂り過ぎではありません。